映画「硫黄島からの手紙」を観た。

映画「硫黄島からの手紙」を観た。

ほとんど日本語らしいので借りた英語版のDVDで鑑賞、なんか変な感じでDVD再生。

ホントに日本語ばっかりでたまげた。クリントイーストウッドは変質者だな。

映画の中に変な日本描写が無い(重箱の隅をつつくような見方をすれば変な描写があるかもしれないが、それは観てる方が精神分裂病だと思われる)

過剰演出が無く淡々と物語が進むというのは前評判通り。硫黄島決戦以前に日本が降伏していたらという妄想は、ひょっとしたらアリだったのかと思う。(硫黄島メンバーのキャラを観て)

日本人である俺には客観的な評価が出来ない、初の日本がからんだ戦争映画だったかもしれない。

コメントを残す

サブコンテンツ

Top of Page